TOPICSフリービット、クラウド型スパコンサービス「freebit cloud HANABI (Virtual Super Computing)」を提供開始

フリービットが提供するSSLサーバ証明書発行サービス YourNet SSL
YourNet SSL

企業認証とドメイン認証の違い

企業認証型SSLサーバ証明書と、ドメイン認証型SSLサーバ証明書にはそれぞれ目的と利用用途が違います。正しく学んで、あなたのサイトに適切なSSLサーバ証明書を選びましょう。

企業認証型SSLサーバ証明書とドメイン認証型SSLサーバ証明書の違いとは?

ドメイン認証型SSLサーバ証明書とは、ドメイン名の所有者を確認するサーバ証明書で、一方企業認証型SSLサーバ証明書とは、SSLサーバ証明書を申請した組織の実在性を認証するSSLサーバ証明書、という違いがあります。

ドメイン認証型SSLサーバ証明書は、ドメイン名の所有名義を確認するのみですが、企業認証型SSLサーバ証明書は、ドメイン名の所有名義、ウェブサイトを運営する組織を確認する上で電話にてその組織が実在しているか認証します。
企業認証型SSLサーバ証明書はインターネットだけではなく、人手による認証が行われるため、高い認証性があり高い信頼性を実現します。そのため一般的には割高になります。

なお、ドメイン認証型SSLサーバ証明書は個人の申し込みが可能ですが、企業認証型SSLサーバ証明書は 個人の申し込みができません。

利用用途にも違いが出てきます。ドメイン認証型SSLサーバ証明書は、個人サイトやアクセスが限られるイントラネットでの利用がお勧めです。
企業認証型SSLサーバ証明書は、法人サイト、情報入力の多いフォームを含むサイトでの利用に向いています。

まとめ

 企業認証型サーバSSL証明書ドメイン認証型サーバSSL証明書
証明書の目的SSLサーバ証明書を申請した企業の実在性を認証するドメイン名の所有名義を確認する
利用サイト法人サイト、大規模サイト、入力情報の多いサイト個人サイト、小規模サイト、イントラネット
価格割高割安
個人の申し込み可否×
認証プロセス
ドメイン名登録名義の確認
サイトの運営者の確認
電話による在籍/申請意思の確認
SSLサーバ証明書の発行
ドメイン名登録名義の確認
サイトの運営者の確認
電話による在籍/申請意思の確認
SSLサーバ証明書の発行
YourNetSSLサービス

企業認証型サーバSSL証明書
YourNet SSL for business

ドメイン認証型サーバSSL証明書
YourNet SSL for domain